ウィンドサーフィンの難易度について

サーフィン初心者の方は、2〜3週間もすれば波に乗れるようになります。真面目に取り組めば、プロのウィンドサーファーになることも遠い夢ではありません。そこに至るまでには、多大な時間と努力を要しますが、波に乗って岸に戻るだけなら、それほど難しいことではありません。難関ポイントは、ハーネスを使ってプレーニングすることです。

また、ウィンドサーフィン習得までにどれくらいの期間を要するか、はここで断言できません。というのも、私が今まで教えてきた人の中には、数ヶ月で習得できた人から何年もかかった人まで様々であるからです。

sfdvcx
yxb

ウィンドサーフィンに必要な道具、ボードの維持管理方法、ボード調整の仕方などは軽視されがちな側面ですが、とても大切なポイントです。道具をよく理解し、操作できなければなりません。近年のウィンドサーフィンは、利用者にとってかなり扱いやすくなっていますが、だからといっていきなり高額のセイルを購入することはおすすめしません。

例えば、スピード競技用のセイルを操作するには、それにともなう技術を身につけなければなりませんので、はじめはシンプルな道具から試すことをお勧めします。

 

 

ウィンドサーフィンを知らない人の多くは、ウィンドサーファーがセイルを持ち上げている、と思っているでしょうが、実際はセイルがウィンドサーファーを持ち上げているのです。よって、ハーネスがウィンドサーフィンで最も重要な道具の1つであり、あなたの親友のような存在なのです。

風に逆らって後ろに体重をかけることでリカバリーに役立つだけでなく、自身のスピードや周囲との状況を知ることができるのです。強風時には、体重をかけるだけでは不十分で、それ以上を要することになるのですが、これは難易度が非常に高いスキルとなります。

dyvxc
sdgvxc

結論を言えば、ウィンドサーフィンは難しくありませんが、常に練習しなければなりません。いきなりボードとセイルを買って、風が強いビーチに直行するのではなく、小さなステップから始めていきましょう。一緒にウィンドサーフィンをする友人やトレイナーを探し、徐々に自信をつけていき、そしてどんなに上達しても常に初心を忘れずにいましょう!