トピックス

ウインドサーフィン&SUP無料体験会

大会期間中の毎日、ウインドサーフィンとSUP(スタンドアップパドル)の無料体験会を開催します。1時間から2時間の手軽なプログラムで、お子さまでも参加できます(ただし、未就学児(6歳未満)のお子さまはご参加いただけません)。

ウエットスーツやボードなどの道具は全て貸し出しします。初心者の方はもちろんのこと、「昔ウインドをやっていたけれど、長年遠ざかっていたので、久しぶりにやってみたい!」という経験者の方も大歓迎。

《お申込みは締め切りました。お申込みありがとうございました。》
二次募集!SUP体験会!
大会期間中の平日〔5/10(木)、11日(金)、14日(月)、15日(火)〕開催のSUP体験会の二次募集を行います!
安定感のあるボードの上に立って、パドルで漕ぐスタンドアップパドルは、海上を散歩するような感覚で楽しめるアクティビティです。
この機会にぜひ体験してみては? お申し込みをお待ちしております!
ご応募のお申し込みは、5/3(木)の23:59まで!
参加をご希望の方は「無料体験会の応募フォームはこちら」のボタンからはお申し込みください。
応募者多数の場合、抽選となります。(5/6(日)までに参加可否のご連絡をいたします)
※ウインドサーフィン体験のお申し込みは締め切りました。

お申し込みは締め切りました。

※迷惑メール対策等でメールの受信設定されている場合は「@or.knt.co.jp」のドメインを
受信できるように設定をお願いいたします。

開催日程

2018年5月10日(木)~15日(火)
午前の部 10:00~/午後の部 13:30~
1回あたりウインドサーフィンは約2時間、SUPは約1時間
※期間中毎日開催。ただし、天候の条件により、開催を中止する場合があります。

参加いただける方

小学校1年生(6歳)以上の方
※未成年の方は保護者の同意が必要となります。(詳細は当選メールにてお知らせいたします。)

募集人数

各回 ウインドサーフィン10名、SUP10名(応募者多数の場合は抽選となります。)

参加費

無料

持ち物

濡れてもいいスニーカー
バスタオル
水着
濡れたものを入れる袋
飲料水
※ライフジャケットは当日に貸し出します。

体験メニュー

ウインドサーフィン
ボードに取り付けられたセイル(帆)を操り、セイルに受ける風を推進力として水面を滑走します。ヨットとサーフィンを融合させたスポーツと言えるでしょう。
特別な体力は必要なく、年齢・性別を問わず楽しむことができます。いくつになっても続けられる、生涯スポーツでもあります。
初めての方でも、ちょっとしたコツさえつかめれば、風をつかんで滑れるようになります。
世界の舞台となった津久井浜の海で、実際にウインドサーフィンを体験してみませんか。
SUP(スタンドアップパドル)
大きなサーフボードの上の立ち、手に持ったパドル(オール)で水面を漕いで移動するマリンスポーツです。
安定感のあるボードを使うので、初めての方でもすぐにボードに立てるようになります。
ゆったりと水面を漕げば、まるで海の上を散歩しているような感覚を得られます。
体幹を使うので、シェイプアップにも効果抜群。
SUPで気軽にマリンスポーツを始めてみませんか。

体験の流れ

ウインドサーフィンは約2時間、SUPは約1時間のプログラムです。

ウインドサーフィンのプログラム

※コンディションにより変更が生じる場合があります。

  • 受付(10分)
  • ウエットスーツに着替え(10分)
  • ビーチでウインドサーフィンの道具と風の説明(10分)
  • ビーチで軽くトレーニング(15分)
  • 海に出て体験〈前半〉(30分)
  • 休憩(10分)
  • 海に出て体験〈後半〉(20分)
  • 体験の反省会と着替え(15分)
  • 解散
SUPのプログラム

※コンディションにより変更が生じる場合があります。

  • 受け付け、ウエットスーツに着替え
  • ビーチでのレッスン(15分)
  • 海に入って体験(15分)
  • 休憩(5分)
  • 海に入って体験(15分)
  • ビーチで体験の振り返り(5分)
  • シャワー、着替え

お申し込みは締め切りました。

※迷惑メール対策等でメールの受信設定されている場合は「@or.knt.co.jp」のドメインを
受信できるように設定をお願いいたします。

注意事項

    • 荒天・雨天などの気象・天候条件により、開催を中止する場合があります。(中止の場合は、前日20時までにご連絡します)
    • 各回の募集人数はウインドサーフィン10名、SUP10名です。応募者多数の場合は抽選となります。
    • 広報活動の一環として、参加者を撮影することがあります。参加者の映像・写真は大会ホームページや印刷物等で掲載することがあります。また、報道機関による取材撮影が行われる場合、新聞やテレビ、インターネットなどによって公開されることがございますので、ご了承ください。
    • 安全のため、体験中は、スタッフの指示に必ず従ってください。

関連記事一覧

イベントカレンダー