基礎知識

// BACKGROUND INFORMATION //
ワールドカップ基礎知識

THE WINDSURFING COMPETITION
ウインドサーフィンの競技について

風速4m/sの平水面から
10m超のビッグウェイブまで

風をセイルに受けてハイスピードで水面を突っ走る、時には波の斜面から高くジャンプして、ビッグウェイブの中でも自在な波乗りを可能にする。
高度な最新技術を駆使して開発されたウインドサーフィンギアは、それをコントロールする乗り手の技術により、風のパワーを効率的に取り込み、想像を超えたパフォーマンスを現実のものにする。
その競技は大別して二つ。
❶『 スラローム』&『フォイル』=ゴール(フィニッ
シュ)を目指して着順を競うスピードレース。
❷『 フリースタイル』&『ウェイブ』=規定時間
内の演技をジャッジが採点するコンテスト。

アイススケートにも『スピード』と『フィギュア』があるように、それぞれがウインドサーフィンの魅力を表す競技として、PWAの正式種目となっている。
『横須賀・三浦W杯』では、そのうちの『スラローム』と『フォイル』が行われる。どちらもレースタイプ「速い者勝ち」の競技なので、見てわかりやすく、共感しやすい。

超人的な高さのジャンプの迫力に驚くウェイブの世界、これもウインドサーフィンの魅力的な競技である。

とにかく誰が速く、コースを走りきって先にフィニュッシュラインを切るか。
最もスピード感があり、勝敗が分かりやすいスラローム。

PWA WORLD TOUR
PWAワールドツアー

世界を巡るウインドサーフィン
最高峰のプロツアー

世界最高峰の大会としてPWA(プロフェッショナル・ウインドサーファーズ・アソシエーション)が公認、運営を手掛けているのが『PWAワールドツアー』である。
2019年は世界各地で全13戦が予定されている。『ANA ウインドサーフィン ワールドカップ 横須賀・三浦大会』は、開幕第3戦目にあたり『スラローム』では第2戦『フォイル』では開幕戦ということになる。
シーズン後半のヨーロッパ・ラウンドに向けて、負けられない一戦だ。選手の誰もが目の色を変えてレースに挑むだろうことは間違いない。

2019 PWA ワールドツアー・カレンダー
# 日時 大会会場 種目
1 04月09日~04月13日 ボネール・ソロボンフリー スタイル
2 04月17日~04月22日 フランス・マルセイユ スラローム
3  05月10日~05月15日 日本・横須賀 三浦 スラローム / フォイル
4  05月18日~05月23日 韓国・蔚山(ウルサン) スラローム / フォイル
5  05月28日~06月02日 スペイン・コスタブラバ フォイル
6  07月12日~07月20日 グラン・カナリア・ポッゾ ウェイブ
7  07月25日~08月03日 フェルテベンチュラ ・ソタベント スラローム / フリースタイル
8  08月05日~08月11日 カナリア諸島・テネリフェ ウェイブ
9  09月09日~09月14日 デンマーク・ヴィデサンデ スラローム
10  09月17日~09月23日 デンマーク・クリットムーラ ウェイブ
11  09月27日~10月06日 ドイツ・シルト ウェイブ / フリースタイル /スラローム / フォイル
12  10月27日~11月09日 ハワイ・マウイ ウェイブ
13  11月18日~11月23日 ニューカレドニア・ヌメア フォイル

 

SLALOM  スラローム(レース)

限界速度、息を呑むマーキングバトル

競技はトーナメント方式で進められる。標準的には1 ヒート(グループ)8名で、上位4名が次のヒートへ勝ち上がる。PWAのレースでは、ランキング上位(あるいは前のレースの上位)選手がシードされ、2回戦、3回戦から出場するシステムが採用されている(イラスト参照)。
決勝(ファイナル)レースはトーナメントを勝ち上がってきた(敗者復活戦を含む)8名で行われ、時間の許す限り第1レース、第2レースとこのトーナメント戦が繰り返される。最終順位は、その総合成績で決定する。
※トーナメントの進め方や各ヒートの人数、敗者復活戦を行うタイミングなどについては、風の変化や競技の進行状況などにより当日発表されることになる。会場アナウンスなどで確認を。

マーク回航は勝敗を大きく左右する。特に最初のマーキングには注目。

///////////////トーナメント//////////////////
8人1組、ノールールの勝ち抜き戦

競技はトーナメント方式で進められる。標準的には1 ヒート(グループ)8名で、上位4名が次のヒートへ勝ち上がる。PWAのレースでは、ランキング上位(あるいは前のレースの上位)選手がシードされ、2回戦、3回戦から出場するシステムが採用されている(イラスト参照)。
決勝(ファイナル)レースはトーナメントを勝ち上がってきた(敗者復活戦を含む)8名で行われ、時間の許す限り第1レース、第2レースとこのトーナメント戦が繰り返される。最終順位は、その総合成績で決定する。
※トーナメントの進め方や各ヒートの人数、敗者復活戦を行うタイミングなどについては、風の変化や競技の進行状況などにより当日発表されることになる。会場アナウンスなどで確認を。


 

FOIL  フォイル(レース)

ウインドサーフィンが空を飛ぶ

昨年男子に採用され、今年からは女子の正式種目にもなった新競技。ウインドサーフィン用に開発されたハイドロフォイル(水中翼)により、ボードを海面上に浮き上がらせた状態で走り、フィニッシュの着順を競う。
競技方法はスラロームと同様、トーナメント方式が採られるが、1ヒートの人数は20 ~ 30名程度(PWAでは24名であることが多い)で、上位半数が次のヒート(ファイナル)へ進出する。
戦略的に風上へ走るセクションを含むコースが設定され、スラロームよりも弱い風でもレースが成立するのも特徴の一つ。

通常フィンが取り付けられる部分にハイドロフォイルを装着し、ボードは水面から浮き上がった状態で走る。まさに最新の技術を導入した新しい種目だ。